育児マンガ ばよとゆかいな坊やたち〜ドンクサイ母による男の子の育て方

長男(8)と次男(5)との日々、旦那さんのことをマンガで発信しています。

【マキバオー】ほじパク対策にはとりあえずコレ!

f:id:bayo_fantasy:20200902113207p:plain

爪っていつの間にか伸びてます

f:id:bayo_fantasy:20200518154028p:plain

f:id:bayo_fantasy:20200518154033p:plain

f:id:bayo_fantasy:20200414125708p:plain

ご訪問いただきありがとうございます。
爪って1ヶ月の間で何回切りますか? 子どもは1〜2回くらいです。

長男の※鼻くそほじパク問題ですが・・・

お〜っと! 本題に入る前に、お食事中の方やこの話題はパス!という方、どうぞこのページは閉じちゃってください。今ならまだ間に合いますよー。

(ほじパク ➡︎鼻くそをほじって、パクッと口に入れることです)

 

子どもの鼻くそほじパクにはコレ

対策その1:爪を切る

爪を短く切っておく、コレが一番シンプルに効きますね!

 

昨日の夜、長男の爪を切り(「やめてー! 鼻くそがぁあほじれなくなるぅぅぅ…!」と激しく抵抗していましたが私は無表情で切りました)、

 

で今日、長男の様子を観察していましたが、格段に鼻をほじる回数が減りました。

かわりに(?)、自分の指をカミカミしたりしています。

ポイント

忘れがちな人は、「第2・第4金曜日のお風呂上がりに切る」とか決めてしまうといいかもしれません(いや、それ私です…)。

カレンダーに印をつけておくとなお良いですね!

 

⬇︎大いに参考になりました(笑)。よかったらどぞ。

select.mamastar.jp

対策その2:マキバオーの絵を見せる

これは、しょこちゅんさん(id:shokochun)からのアイディアです。

前々回の記事⬇︎にコメントを寄せてくださいました!

www.yukainaboys.com

 

「みどりのマキバオー」という漫画をご存知ですか? 

1990年代後半に週刊少年ジャンプで連載されていた競馬をテーマにした漫画なのですが、主人公がコレまたすごい鼻の穴の持ち主なんです。この白い馬です。


【みどりのマキバオー】[OPテーマ][走れマキバオー](閃電怪馬)(Midori no Makibaō)

 

マキバオーの写真をGoogleで検索して、長男に見せてみました。

 

長男「え〜なにこれ?」

ばよ「これね、マキバオー。鼻ほじり続けると、将来こんな鼻の穴になるかもよ」

長男「え〜! カバおくんみたい(アンパンマンに出てくる、町の子どもの一人)」

 

長男はさほど気にした様子はありませんでしたが、今日は鼻ほじりを見かける回数がグッと減ったので、マキバオー効果、あったかもしれません!

しょこちゅんさん…ありがとうございます!!\(^^)/✨

 

まとめ:神経質になりすぎないよう見守っていきます

これまでも「家ではともかく、学校では本当にほじパクやめなよ」とは言ってきました。その度に、「みんなの見てないところで食べてるよ!」と無邪気に言ってきます。

あまり神経質になりすぎないようにはしたいと思います・・・

 

ただ、鼻ほじりのせいで鼻毛が超極細毛になっているのは心配ですけどね。鼻ほじりしていない次男のそれと比べても歴然としています…。

 

とりあえず引き続き見守っていきたいと思います。

 

おまけ:会社の上司の小指の爪も長かった

そうそう、以前勤めていた会社の上司が小指の爪だけ長く伸ばしていたんです。1㎝くらい・・・。これは鼻ほじ用なんだろうなと密かに思っていました。

 

しょこちゅんさんのブログ「はなたろうblog」

マキバオーアドバイスをくださった、しょこちゅんさんがご夫婦で運営されているブログのご紹介です。

www.hanataroublog.com

・日常生活・グルメ ・生活お役立ち情報

・賃貸トラブル、イラスト、エンタメ

・糖質制限ダイエット

・はてなブログに関すること

www.hanataroublog.com

⬆︎気になってグイグイ読んだ記事です!

木になる記事イッパイあり、面白いのでおすすめです(^^)/♪

 

マキバオー、弟が買っていたので毎週ジャンプで見てましたよ…!

 

マキバオーの別名「うんこたれ蔵」には弟が笑い転げていたのを思い出します。

なんでそんな名前かというと、野犬に襲われ脱糞したことからチュウ兵衛が名付け」たとのことです(忘れてしまったのでウィキペディアからの引用です)

 

長男タロのイラスト

ここまでお読みいただきありがとうございました!