育児マンガ ばよとゆかいな坊やたち〜ドンクサイ母による男の子の育て方

長男(8)と次男(5)との日々、旦那さんのことをマンガで発信しています。

私がキッチンにいると、ちょいちょいやってくる次男

登場人物紹介はこちら

第1話はこちら次男ジロの授乳時のこだわり

f:id:bayo_fantasy:20200301173416p:plain

f:id:bayo_fantasy:20200301173421p:plain

f:id:bayo_fantasy:20200229224437p:plain

ご訪問いただき、ありがとうございます!

近所のスーパーは軒並みトイレットペーパー品切中。

家に残っているものをちびちび使おうと思います。

 

 

 

ちょいちょい母のところへやってくる次男

ママ! はな、つまんで

私が洗面所にいるとき、一人でお風呂に入っているとき、2階で洗濯物を干しているとき、次男ジロがちょいちょいやって来ます。

 

キッチンにいるときに多いのが、ひょこっとやって来るなり「マーマ! はな、つまんで!」と言い出すこのエピソード。

 

何だ〜?? と思っているとジロがおもむろにいきみ出して、『プッ』と小さいおなら。何じゃいなと思いましたよ。

 

毎日の日課みたいになっています。

とくにこれといっておならのニオイは感じないので、鼻つまむほどではないんです…。

 

子どもって、何度も何度も「ママ、見て!」とか「パパ、見て!」て言いますよね。

あれって「ママ、大好き!」「パパ、大好き」と言っているのと同じだそうです(^-^)

 

大好きだから、見てほしいんですね。

 

見てなくても、ちゃんと見ていても「ママ、見て!!」と言ってます。

 

タロはまるでカエル

ちなみに長男タロはおならはさほどですが、ゲップがすさまじいです。まるで野太い声で鳴くカエルみたい。

 

ゲップをした後は、タロ自身も目をきらきらさせて「おかあさん! ぼくのゲップ、おじさんみたいでしょ!?」といってドヤッてきます。

お風呂に入りながら、夕飯を食べながら、空気がたまるとおかまいなしにゲエープ、ゲエープとやってます。

 

「学校ではやめなよ、みんなドン引きする(とくに女の子)からね」と私がタロに釘をさすも、

「はーーい! でも給食の時にゲップすると、みんな笑ってるよ! すごいでしょ?」となんか得意気です。

まあ私もクラスメイトとしてその場にいたら、ゲラゲラ笑うと思います…。

 

何でやめないのかね

ゲップ、鼻ほじり…

タロにいくら注意しても今のところ効果なしです。

 

まあ家でやるぶんにはいいかーとも思っています。外で控えてくれるのなら…。

(むしろいつも笑いを提供してくれてありがとう、という気持ちもあるし)

 

家でも禁止にしていたら、大人になったとき親から解放されたような気持ちから、今よりさらに大変な事態に(?)…なんてことになったらまずいから。

何言ってんだって感じですかね…。

 

タロもジロも、きっと母の笑う顔がみたいんだなー、と思うことにします(^-^)

 

 

お上品ではない話を、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!