育児マンガ ばよとゆかいな坊やたち〜ドンクサイ母による男の子の育て方

長男(8)と次男(5)との日々、旦那さんのことをマンガで発信しています。

かわいい時期はいつまで

登場人物紹介はこちら

第1話はこちら次男ジロの授乳時のこだわり

f:id:bayo_fantasy:20200220164853p:plain

f:id:bayo_fantasy:20200220164900p:plain

ご訪問いただきありがとうございます。

赤ちゃんの頃は毎日お世話でヘトヘトでしたが、本当に月日はあっという間に流れて行きます。

押し入れにしまってあるバウンサーや抱っこひもなどの赤ちゃんグッズを見ると、“もう使わなくていいんだな…”と少し切なくなるばよです。

 

 いつまで、かわいいままでいてくれるのかな

ママ大好き次男

次男ジロは現在5歳。毎日のように「ママ大好き」と言ってくれます。トイレへ行く時も、お風呂上がりの時も、夕飯を食べずにジーッとテレビを見つめる時も。

 

おりがみのお手紙にも、お風呂の曇ったガラスにも、「ママ大好き」と書いてくれたり。とにかく字の練習がてらかマメに書いてくれます。

 

長男タロは8歳のため、そう言ったことはいっさい言わなくなったし、お手紙もぱったりくれなくなりました。でもトイレに行くときや、寝る時には私にそばにいて欲しがります。

母冥利に尽きます…。

 

いずれ来たる反抗期のために

でもあと10年もたたないうちに反抗期がやってくるんだな…と思うと戦々恐々とします。「おいババア!」「うるせえなあ!」「めしまだかよ!」「手抜きごはんいい加減にしろよ!」「ドンくせえよ!」みたいなこと言われるのかな…。

 

それならそれで多分わたしもイラっときて、「何よ!クソガキ」「黙って食べい!」「少しは毎日ごはん作ってくれる人に感謝すれば!」「たまには靴下を洗濯機に入れなさいよ!」「上履きは自分で洗え!」などとトンがったセリフの応酬になりそうですけどね…。

 

寂しいです…ウウッ…! 成長はうれしいんだけど。

 

その時のために、今のかわいい子ども時代を記録しておきます。辛くなったら、ああこんな時期があったんだっけ…と幼き頃の思い出に浸りたいと思います。

 

P.S. タロジロ反抗期真っ只中の、未来のわたしがこの記事を見返したら「何書いてんだ〜ププ〜(笑)」て笑いそうな気もします。

 

 

f:id:bayo_fantasy:20200205151245p:plain