育児マンガ ばよとゆかいな坊やたち〜ドンクサイ母による男の子の育て方

長男(8)と次男(5)との日々、旦那さんのことをマンガで発信しています。

出産後にできたもの

f:id:bayo_fantasy:20200902113207p:plain

f:id:bayo_fantasy:20200209065745p:plain

ご訪問ありがとうございます。

まもなく、「ファイナルファンタジー7リメイク」が発売されるとのことで、浮足立っているばよです。

心の底からやりたくてうずうずしていますが、今のところ買う予定はないです。私の場合、家事も子どもたちもみーんなそっちのけで、のめり込んでしまいそうでなので苦肉の策というわけです…。

 

 

 

 出産後、いつの間にか出現したイボ

そういえば祖父にもあった

本当にいつの間にかでした。右肩にイボができていたのは…。しかも2つ! とてもショックでした。そして同じように背中にイボができていた亡祖父のことを思い出しました。

 

祖父のそれは垂れ下がっていて、子どもの頃は見るたびに引っ張りたい衝動にかられました。祖父が痛がるので、あんまりしていません。亡祖父のことを思い出すと、「おじいちゃんにタロとジロを見せてあげたかったな」という気持ちとセットです。

 

イボ兄弟とともに

イボは出産後にできて、2つあり、しかも片方が大きく、もう片方が小さめなので、タロとジロと呼ぶことにしました。するとなんだかかわいく思えてくるから不思議です。

 

“まあいっか、イボちゃん兄弟とこのまま一緒に生きていくか!”と思っていたら、友だちの「手術で簡単に取れるらしいよ」ときらめくアドバイス。おお!! 取れるのならキレイに取ってもらいたい! 

 

と思ったのも束の間。一緒にお風呂に入っている時にジロがイボをくわえ始めたので、そんな気持ちがかき消えました。

 

ジロの、幸せそうでとても満ち足りた表情を見ていたら、“やっぱりイボは取らないでこのままでいいか。出産の記念に、しるしに、思い出に、取っておこう”と思えた母でした。

 

 

f:id:bayo_fantasy:20200205151245p:plain