育児マンガ ばよとゆかいな坊やたち〜ドンクサイ母による男の子の育て方

長男(8)と次男(5)との日々、旦那さんのことをマンガで発信しています。

youtubeと子どもの良い距離はどこにある?

登場人物紹介はこちら

第1話はこちら次男ジロの授乳時のこだわり

f:id:bayo_fantasy:20200315135952p:plain

f:id:bayo_fantasy:20200315140033p:plain

f:id:bayo_fantasy:20200315140002p:plain

f:id:bayo_fantasy:20200315140048p:plain

 

f:id:bayo_fantasy:20200229224437p:plain

週に一度の掃除もやっとこなめんどくさがり屋ですが、さすがにママ友が来宅となると話は別。
彼女のお宅がインスタ映えしそうなほどキレイだったから、なおさら気合い入りました…。うちは掃除しても足元にも及ばないけど(^^;

 

 youtubeに引き続き悩む

まずはきれい好きで収納上手に憧れる

ママ友と娘ちゃん(年長さん6歳)を呼んで、うちで遊ぶことになりました。

先週、彼女のお宅に遊びに行った時、驚きました。お部屋がすんごくキレイで! 「掃除したからだよ〜」と言ってたけど、ピッカピカで、物の収まりもキレイでしたね。

 

うちなんか私のバッグとか、旦那の仕事カバンとか、ランドセル、保育園通園カバン、とか床にゴロンと置いちゃってます。他にも、開けてない郵便物放置してたり…

 

掃除しても、ごちゃっとした感じの家です。“片付け下手の妻でほんとごめん”て思ってます。でも旦那は全然文句を言いません。感謝しています。

 

(きっと内心では何か思ってると思います。でもそれを口に出さないありがたさ)

 

 

ママ友の娘ちゃんは何チャンネル見てる?

みんなで食事して、ママ友とおしゃべりして楽しいひと時をすごしました。その間、子どもたちはTVゲーム。

 

ママ友に「ねえ、子どもにyoutubeって見せてる?」と聞くと、「youtube見てるよー! もう夢中でね…」との返事。

 

ちなみに、娘ちゃんは何見てるの? と聞いたところ、「『かんあきチャンネル』が好きだよ」とのことでした。

 

かんあきチャンネル

大人気ユーチューバーで、子どもたちは長女・次女・三女・長男の4人とのことです。


かんあきが歌うPaprika 英語バージョン♪パプリカダンス

 

 

作ったガイドラインの見直し

わが家のyoutube視聴のお約束を作ったものの、あれは①朝の出発前、②夜の寝る前、以外は不向きな感じに思えてきました。

  

www.yukainaboys.com

  

現在の新型コロナ休校日や、土日の日中に合わせた、お約束が欲しい…。これは急務だ。

 

他のお宅はどうなんだろう…

 

前回の記事で、「子どもたちはyoutubeとうまい感じにやっている」と書きましたがスミマセンいきなり崩れてます!

 

(たしかに動画を見ててくれると、私も集中してマンガ描けるし助かるちゃ助かっています。でもこれでいいんだろうか、と思いながらです…)

 

 

チケット制にして子ども自身に選択させる

一縷の望みで、私は「youtube 子ども ルール」とGoogle検索してみました。するとこんな記事を発見。

 

papamode.net

 

かいつまんでしまいますが、筆者まるとさんが「エッセンシャル思考」という本を参考に、決めたルールがこちら。

僕が息子に与えたルール(記事より抜粋)
  1. 家庭内通貨(マリオコイン)を週に5枚与える。

  2. コイン1枚で1時間自由にゲームやYouTubeを楽しめる。

  3. 1日で使える時間帯を設ける。平日であれば、幼稚園から帰ってから18:00までの間とか。

  4. 与えられた勉強をすればコインを1枚ゲットできる。

  5. 週の終わりにコインが残っていたら1枚200円と交換できる。貯まったお金は自由につかえる。

 

詳細はリンクからぜひどうぞ。なるほど。これは…おもしろい気がします。というか、私が子どもなら、ノリノリになりそうです。ゲームっぽくておもしろい。

 

あとは長男タロ次男ジロのブラザーズが、この内容を理解できるかなってところですね。甘えんぼジロはまーた笑顔でごまかしてきそうだな〜。

 

 

こちらのルールを参考に、旦那とまた新たなガイドライン作成してみます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ではみなさまも、良いyoutubeライフを♪

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓すくパラ倶楽部さんに掲載していただきました!

news.sukupara.jp