育児マンガ ばよとゆかいな坊やたち〜ドンクサイ母による男の子の育て方

長男(8)と次男(5)との日々、旦那さんのことをマンガで発信しています。

予防接種におびえる兄弟

f:id:bayo_fantasy:20200902113207p:plain

f:id:bayo_fantasy:20200229134008p:plain

f:id:bayo_fantasy:20200229134020p:plain

f:id:bayo_fantasy:20200229134027p:plain

f:id:bayo_fantasy:20200229134037p:plain

f:id:bayo_fantasy:20200229134054p:plain

f:id:bayo_fantasy:20200229134106p:plain

 

ご訪問いただきありがとうございます!

自分も注射ギライなばよです…タロジロの気持ちは痛いほどわかります。でもそれはそれ、これはこれです。

 

予防接種におびえる兄弟

地味に痛い出費

年末にインフルエンザ予防接種に連れていきました。ちびっこは2回の接種となります。

1回目を接種後、4週間空けてから2回目を接種しました。

インフル予防接種代

  • 約3,700円×2人×2回=14,800円

(医療機関により金額は多少異なります)

うちのかかりつけの小児科では、子ども1人1回につき3,700円程度かかります…。これがタロとジロに2回接種させると合計で15,000円ほどします…結構高い…(行楽地で1日遊べそうな気がします…)。

 

仕方ないです。必要経費と割り切るほかないですね(注射こわいし節約のため、自分はやらない…)。

 

予防接種におびえる兄弟

小児科へ連れて行く自家用車の中でも、兄弟たちは注射を嫌がっていました。

 

いざ小児科に到着し、待合室でもモタモタやって、ついに「タロくーん、ジロくーん」と名前を呼ばれる寸前に、トイレで籠城を始めました。おかげで、次の人に順番が流れてしまいました…。

 

「ねえ! いいかげんにして。先生がさっきからお待ちなんだからね」

「わーんおかあさん…ごめんなさ〜い! 注射やだよ〜!」

 

母の鬼気迫る表情にやっと二人はトボトボと投降してきました。タロはもうベソかいてへっぴり腰です。

ジロはさほどこわがってないけど、何となくタロの感情に引っ張られているようです。

 

ついに名前を呼ばれ、2人を引きずるように診察室へ。医師が服の袖をまくり上げるとタロの恐怖はMAXに

「いやだよ〜!! いやだよ〜!!」と医院内にひびきわたるような大きな声で泣き叫びました…。

 

小学2年生になってもこんなに大泣きするんだなー、と感心しました…。それとも発達障害が関係してるのかな〜?

 

ジロはそんな兄を見て、これから自分の身に起こることに戦慄しています…まずい…連鎖反応だ…。

 

——とこちらもビクビクしたけど、何とかおびえる兄弟たちの注射は完了しました。やれやれです。

 

 

動じない女の子に尊敬のまなざし

続いて診察室に呼ばれたのは1人の女の子(2才くらい)。

 

ママに付き添われて医師の前に座っても、おびえることなく、表情ひとつ変ることなく、スムーズに注射を終えました…注射の後も表情は何ら変わりませんでした。

 

す、すごい…と私が尊敬のまなざしを送っていると、タロもジロもすっご〜い!」と驚嘆の声をもらしました。と言ってる間にダダッと女の子の元に駆け寄り、やいのやいのと口々に褒めたたえ始めました。

 

人を褒めるのは良いことだね〜。

君たちも彼女を見習って、次回はがんばりましょう…。

 

 

最後まで読んできただきありがとうございました(^^)